今朝の天気は、多少雪がチラチラ降って滑るのに良いコンデションかも・・・。
            今日は、スキー三昧の一日です♪
その前に、気合い入れて腹ごしらえしなくちゃ!
北海道に来て始めての食事になるから楽しみ~楽しみ~ヾ(@^▽^@)ノ

 今日は、ホテルアルファ・トマム内の「メイフェア」(ツアーのみの貸切)で和・洋のバイキング。

 北海道で一番食べたかったイクラを発見!!( ̄ー ̄)ニヤリッ 
思わず、ご飯の上に山盛り入れちゃいました~~。
ところが・・・・・イクラって醤油づけだったのを忘れてたよ~~。
茶碗の底に醤油がたっぷり入ってるではないですか・・・

            辛~い~( ̄□ ̄;)!!ギョェ

     tomamu_img005.gif

 欲張り過ぎると、おちがあるものです(-_-;) 
自分が悪いのだけど、少しイクラにショック・・・。
この時私は、北海道滞在中に今度こそおいしいイクラを食べてやる
と決意したのです~~。

 さあ、腹ごしらえも終わりゲレンデへレッツGo!!

 トマム・スキー場の営業時間は、9時~16時(ナイター:16時~19時)です。
中国・信州地区では、朝5時からの営業しているスキー場もあるため、営業時間が遅いのに驚きました! 
北海道なのに、何でだろう? かなり、疑問です・・・・・(・_・?)ハテ

 しかし、そこまで気合い入れなくても満足出来ます~。
リフトが混んでいることもないし、距離が長いときたら最高!
雪質も“サラサラ”の☆パウダースノー☆   ☆ミ(*^▽^*)ノ彡☆

 コースは、17コースあり1日あれば全コース滑ることが出来るでしょう~。
特に良かったのは、ゴンドラ「アルファキャビン」(乗車時間15分ぐらいだったかな~)に乗り、ザ・グローリーを滑り「リフト8」で頂上まで行くとすばらしいパノラマがお出迎え~~。

 標高が高いため、空気もすごく美味しく(食べれないけどね(笑))
自然のパワーってすごいなと実感~ 
でも、自然を甘く見ちゃダメだけどね!

 最上級者限定コースも、二人ともが怖いもの知らずなため行っちゃいましたよ~。しかし、決して最上級者では、ございません。 ( ̄∧ ̄)エッヘン!

 コブもあり斜面も結構急なため、足・腰にくるコースでしたよ~。 
私は、自慢じゃないけど・・・体力的には、Tomoよりは自信があります!  
 旦那ちゃんしっかりしろよ~~。 (゚-゚;)ヾ(-_-;)

そのためやっぱり・・・。
Tomoが「足が痛いよ~!」と言うものだから早速休憩タイム!
普通は、立場逆なんじゃない?(笑)

 ゲレンデ中腹に、「レストハウス・コンコ」(リフト6下)がありオススメかな!!
食事が、思ってたより美味しくて~ここの「ランチ」がいいです。
     tomamu_img006.gif
 スキー場で多いのはうどん・カレー・ラーメンetcなどのような物だと思うんだけど。
ここで、私たちがたのんだメニューは、
スープ&バケットサンド&飲み物セットで1,000円!!+ビール・・・。
     tomamu_img007.gif

 金額だけだと少し高く感じるけど、味も良く結構ボリュームがあるので
ゲレンデ価格では納得いく金額だと思います。
ただ、客席が少ないので、昼時前後に行くと待ち時間も少ないんじゃないかな。

 休憩後、「リフト4」に乗りムーンシャイン(コース)に~~。
ここは、十勝連峰を見渡せながらトマム全体を眺めることが出来ます。
普段は、慌ただしくく過ぎていく時間もここでの数分は・・・
時の充実を感じさせられるようでした。

 何とか1日で全てのコースを制覇、充実した時間を満喫~♪♪
いや~やっぱり、北海道最高!!はまっちゃいそうですよ~。
スキーも満喫したら、お腹も空いてきますよね~。

 さあ、今晩の食事どこに行こうかな~。
昨夜から「どこに行こう?」会議をしていたのですが・・・
結局、決まっていなくて・・・考えたあげく、お寿司に決定~~!!

 実は、高級なお店のようで悩んだんだけど、こういう時にこそ太っ腹になるのが
Risaピョンなのです!!(普段は、倹約・節約の日々なんだけどね)

 そのお店は、ザ・タワーの中にある「三角(みかく)・寿司カウンター」で
入口の雰囲気から高級感がただよってて~
店の中に入ると、和風の中にシックなインテリアデザジンって感じでした。

 しかも、カウンターで回ってないよ~。w(゜o゜)w オォー 
寿司カウンターって分かってたんだけどね(笑)

 しかし、お客さんが入っておらず貸し切り状態で(店が開いたばっかしの時間に行ったみたい)メニューを見るといい値段・・・。( ̄□ ̄;)!!
確かに他のお店の食べ放題から比べてしまうとダメなんだけどね・・・。 

 そして私達が頼んだのは、寿司セット「雪」(2,205円)&ビール(630円)で乾杯~
               ( ^_^)/▼☆▼\(^_^ ) チン♪

 握り1個目を口にすると・・・・なんじゃこりゃあ~うますぎるよ~~! 
もう、無口になってたな~。Tomoは、幸せそうな顔で食べてたな(私もだけどね)~。
私の手料理では、そんな顔した事なかったのでは??と思うけど。
 そりゃあプロにはかないませんな~~(*⌒▽⌒*)

 料理長さんは、おとなしそうな感じなのかな?と思ったんだけど
その一口から会話が進みすごく気さくな方でした。
注文をしてたセットには、あれがなかったため思い切ってイクラとウニ!
ってオーダーしちゃいました。☆\(^o^♪

 イクラは 、口の中でプチプチはじけちゃって!! 
やっと、北海道に来たんだなと実感w 
 お次は、ウニの番で~す!!
Tomo は、ウニ注文するよって言ったら「食べていいよ~」って!
「食べない?」って聞いたら・・・

何となく、察しがついたのです(「・・) 
多分、高いから(1個800円)遠慮してるんだと思って・・・

 もちろん、そこで私はウニ2カン~~って注文!!
Tomoは、そこで大丈夫なの?って顔で私を見てたんだけど・・・
私的には、そこでしか体験できないことや味わえないことなどには
お金をおしまないのです。(●^o^●)

 自己満足かもしれないけど、人生のなかで色々経験して豊富な事は
いつかお互い&自分自信にとっての宝物になると思うのです☆
(普段は、キツイ日々ですわ~)私的話になってしまいましたが、本題に戻って。

 ここのお店のウニは、ちょっとひと味違ってて・・・
新鮮な殻付きのウニを仕入れています。
普通は、パックにいくつか入ってる物がおおいですよね! 
もちろん、私達も初めての経験で・・・・。

いや~“ウニ”を食べた瞬間、涙がでそうでした~。 
こんなに、新鮮で甘い“ウニ”食べたの生まれて初めてかも!!

 こんな私達を見ていた料理長さんは、是非オススメしたいのがあると・・・。
そして、目の前に出てきた握りはニシン!! 
これが、何ともコリコリして新鮮~~(今が旬のようでした) 
そんなこんなで、リッチな夕食になりかなり満足~満足~!
 
 今回、この「三角(みかく)・寿司カウンター」で食事出来たのもラッキーでした!
     tomamu_img008.gif

 店長さんいわく、いつもなら1月で閉店しているらしいのです。 
しかし、もう少し営業してもらいたとの意見もあり、この冬は閉店していなかったみたい・・・。ラッキー!

トマムは、他のスキー場と違って1月で閉店するお店が多いようで意外でした。

 ちなみに「三角(みかく)・寿司カウンター」は、予約制なので注意!!
      *営業時間:昼食12:00~14:00
              夕食17:00~22:00(ラストオーダー21:30)

 今晩の夕食は、お好み寿司も含めて二人で7,980円なり~(^。^)

帰りは、ザ・タワーの売店に立ち寄り・・・・何と、私の探していた物を発見!!
それは、ロイズのポテトチップチョコレート♪

 以前、北海道に来ていた友達にロイズのポテトチップチョコレート
じゃがポックルがあったら買ってきて~~!と頼まれていたので、即購入!!
 しかし、ポテットチップスにチョコレートがかかった様な物と聞いていて不思議だったので部屋で試食用に買っちゃいました(*^_^*)


後をひく不思議な美味しさ
ポテトチップチョコレート

購入者の感想はこちら

じゃがいもの美味しさそのまま!
北海道限定 カルビー「じゃがポックル」
購入者の感想はこちら

 部屋に帰ると、ビール&つまみにロイズのポテトチップチョコレートで乾杯~~
              ( ^_^)/▼☆▼\(^_^ ) チン♪
     tomamu_img009.gif

このロイズのポテトチップチョコレートが、塩加減&甘さの調和が・・・。
止められな~いって感じで、めちゃめちゃ美味しくってw(゜o゜)w オォー
でも、食べ過ぎる(1袋全部)と胸やけがしてくるので、その手前でストップ!!

 私的には、白ワインとあうかな?って。
もちろん、ワインを持参していたので実験済みでーす!(これがまたいいんだわ♪) 
明日も、帰る時間があったらいいのにな~~。 

隣でTomoは、すでに爆睡 (-_-)zzZ
私は、このワイン飲んで北海道に酔っていたのです~~

 そろそろ、お休みタイムにしなくちゃ・・・・☆

 あっそうそう、アイスビレッジのチケットを購入すると滞在中何度も
入ることが出来るのでこれはかなりお得ですよw


             ポチッ!としてくれると嬉しいな~ burogurankingu_img001.gif


テーマ:旅行記
ジャンル:結婚・家庭生活
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック