いよいよ!地方へ、出発~~♪

朝食は、どうなるかな?と少し焦っていたけど・・・・・

偶然、入ったお店でキムチチゲを食べて大満足☆

diary2017_img026_001.gif

足取りも軽くなってきたわ~(^^)

ここは、新村駅4番出口をでて真っ直ぐ歩くと
バス停留所があります。


つづきは
   ↓  続きを読む からどうぞ☆


にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行(リピーター)へ  Instagram


どこに行くか?と言うと・・・・・・

4年前に、訪れた普門寺(보문사)へカジャ!カジャ!!


午前7時55分!3000番のバスに乗車。

diary2017_img026_002.gif

バスに乗車後は、途中下車もないのでゆっくり休憩できそうね(^-^)

午前9時40分!

終点の江華市外バスターミナル(강화시외버스터미널)に到着

diary2017_img026_003.gif

長距離のバス移動は、熟睡していたので体力も充電完了!!

ここは、江華市外バスターミナルの中にある待合室です。

毎回、バス&地下鉄移動は便利なT-moneyを使っているけど
バス下車時に残金がないことに気づき・・・・・

diary2017_img026_004.gif

Tomo:「 不便やね~窓口で、聞いてきて!! 」

というわけで・・・・(汗)

窓口で、T-moneyにチャージできる所があるか
聞いてみると教えてくれました♪

diary2017_img026_005.gif

ここは、待合室の入口付近にある売店です。

気がつかなかったけど・・・・・

看板にも、교통카드(交通カード)と書いていました(^^;)

T-moneyに、チャージもできたので一安心☆

diary2017_img026_006.gif

외포리(外浦里)行きのバスは、5・6・30・31・36番
時間帯によって運行しています。

窓口で、一番早く乗車できる時間を聞くと
ゲート・バスの番号・時間を紙に書いてくれました(^^)

diary2017_img026_007.gif

午前10時30分!

ゲート10番で、5番のバスに乗車♪

diary2017_img026_008.gif

田舎の景色を見ながら、バスに揺られ20分!

diary2017_img026_009.gif

午前10時50分!

外浦里(ウェポリ)のバス停留所に到着

diary2017_img026_010.gif

外浦里(ウェポリ)第2船着場へ徒歩移動~♪

diary2017_img026_011.gif

あらっ!새우깡(セウカン)の山!!

ここは、道路の向かい側にあるお店で飲み物等も売っていましたよ。

diary2017_img026_012.gif

새우깡(セウカン)は、2,000ウォンで購入!

これ!袋を開けても、ジッパーになっているから食べ残しても便利☆

diary2017_img026_013.gif

外浦里(ウェポリ)第2船着場では、フェリー乗り場で行列が・・・・・

ちょうど、タイミングもよく次のフェリーが到着!

diary2017_img026_014.gif

急いで、乗車券(往復)2,000ウォンを現金で購入!

diary2017_img026_015.gif

フェリーのデッキでは、たくさんのウミネコがお出迎え♪

このウミネコは、乗車前に買った새우깡(セウカン)を食べに
飛んできます。

새우깡(セウカン)をあげながら、自分も少し味見(笑)
日本のかっぱえびせんに、似てるわ~(^^;)

メインは、ウミネコなので一袋全部あげて終了!

diary2017_img026_016.gif

午前11時10分!

席毛島側の石浦里(ソッポリ)船着場に到着

diary2017_img026_017.gif

ここからは、普門寺行きのバスに乗車!

4年前は、バスの乗車券を買わなければいけなかったけど・・・・・

今回は、T-moneyでバスに乗車できました☆

diary2017_img026_018.gif


午前11時25分!普門寺(보문사)に到着

入場料2,000ウォン(1人)を購入した後は、坂を上がりながら
本堂に向けて歩きます。

diary2017_img026_019.gif

この坂が、ゆるやかに見えてキツイのよね~(^^;)

でも、本堂までの道沿いに桜が咲いて綺麗☆

diary2017_img026_041.gif

本堂に到着すると、鮮やかな提灯に“うっとり”~

diary2017_img026_021.gif

そして、、、、

ここからが、本番!!

diary2017_img026_022.gif

本堂の横にある道を、提灯に導かれるように歩いて行くと・・・・

「 願いがかなう道 」と書かれた422段の階段があります!

diary2017_img026_023.gif

「願い」を心でつぶやきながら、この階段を上って行くと・・・・・

パワースポット?のような龍の前で、ちょっと一休み(^^;)

diary2017_img026_024.gif

頂上までは、あと少し!!

さあ!頑張って上ろう~~♪

diary2017_img026_025.gif

まずは、入口でお線香をお供えして一呼吸☆

やっと、念願の普門寺へ訪れることができました(*^_^*)

diary2017_img026_026.gif

初めて、普門寺に来たのが4年前!!

数年前から、ずっと叶えたかった事(個人的な事で書けませんが^^;)を
お願いして日本へ帰国しました。

diary2017_img026_027.gif

正直、なかなか難しいよね~と思っていたら・・・・

約1年半後!

私の願いが叶えられ、事が解決しました☆

diary2017_img026_028.gif

その時は、本当に嬉しくて~嬉しくて~♪

お礼参りには、絶対に行く!!

と、決めていました(^-^)

あれから、4年が経ったけど磨崖観音座像を目の前に
お礼参りをすることができました。

お賽銭箱には、紙幣(ウォン)を入れてお礼と報告☆
感謝しています(^-^)

diary2017_img026_029.gif

晴れ晴れとした気分で、頂上から景色を眺めた後は・・・・・

本堂まで、階段を下って行きます!

diary2017_img026_030.gif

ここは、本堂の横にあるお堂で釈迦涅槃像に参拝することができます。

1枚の写真に、おさまらないぐらい大きくて存在感がありますね!

diary2017_img026_031.gif

さらに、見応えのある五百羅漢像もお出迎え♪

優しそうなお顔!きりっとしたお顔!など・・・・・・

五百羅漢像は、よく見ると一体ごとに表情が違います☆

diary2017_img026_032.gif

参拝が終わると、お腹も空いてきたな~

まずは、普門寺の入口まで下って行きます!

diary2017_img026_033.gif

実は、普門寺へ上る前に入口付近で試食をした天ぷらが
美味しかったのよね~(^-^) 

午後1時15分!

昼食は、試食をした水車食堂(물레방아식당)に決定!!

diary2017_img026_034.gif

店舗の中庭には、水車も回っていました♪

店内は、かなり広くて座席もたくさんあり
民俗村のような雰囲気でゆっくりくつろぐことができます。

diary2017_img026_035.gif

メニューは、こちら!

店員さんオススメの밴댕이정식(ペンデンイ定食)15,000ウォン
を二人前と マッコリ4,000ウォンを注文!

diary2017_img026_036.gif

しばらくすると、おかずが出てくる~出てくる~~

店員さんは、何度もテーブルを行き来して忙しそう^^;

料理を、全て運び終わるとテーブルの上は
韓国料理が盛りだくさん☆

diary2017_img026_037.gif

さすがに、私も何から食べたらいいか迷うわ~(^_^;)

まずは、美味しかったヨモギ&エビの天ぷらを一口!!

これ!冷めても“サクサク”で美味しいのよね~

diary2017_img026_038.gif

そして、定食のメイン!!

ペンデンイの和え物(写真上の真ん中↑)を食べてみると・・・・

これ!私好みの味かも♪

ペンデンイは、日本で“ママカリ”と言われる魚のようですね!

たっぷりの生野菜に、玉葱・青唐辛子・胡瓜・エゴマの粉
入ってコチュジャン・お酢などで味付けしていて
“ピリ辛”だけど美味しいのよね~ (^-^)

diary2017_img026_039.gif

他にも、アサリの塩辛が美味しくてご飯が進む~進む~~♪

おかずは、辛いものも多いけどナムル類は野菜の素材をいかした
味付け(薄味)でした。

diary2017_img026_040.gif

昼食前の運動で、お腹も空いていたけどこれだけ食べたら満腹♪

お会計は、ペンデンイ定食マッコリを飲んで
34,000ウォンでした。

午後2時20分!

ゆっくり、食事を楽しんだ後はそろそろソウルへ~

普門寺(보문사)は、景色や空気も良く本当に良い所で
何度も訪れたくなる場所の一つです☆

さあ!
バス&フェリーの旅に・・・・つづく(●⌒∇⌒●)


ご訪問!ありがとうございます♪楽しんでいって下さい(^-^)/ by Risaピョン
テーマ:海外旅行記
ジャンル:海外情報
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック